日本ガス株式会社
  • 営業関連 管理職候補
  • 鹿児島県
  • 600万円~700万円

南九州初の都市ガス会社として、地域の暮らしを支える総合エネルギー事業者。営業関連の管理職候補として、家庭用・業務用・商工業用など、顧客に適したソリューションの企画・提案・技術サービスを提案し、営業チームを牽引していただきます。

この企業の魅力・特徴 features

強み

長い歴史の中で築き上げた地域基盤をもとに、次世代エネルギーへの積極的な取り組みを進め、ユーザーのニーズに適した、ガス・電力・暮らしサポート事業を提供。鹿児島市を中心に約15万戸の一般家庭、ガス事業者、工場、商業施設など幅広い客層へのサービス提供力を誇る。

成長
戦略

高効率、省エネ型のエネルギー供給とともに、太陽光、バイオマス等の次世代エネルギーの開発に注力し、サービスメニューの多様化を図り、事業の拡大を進める。更なる100年に向け安心・安全なエネルギー供給と暮らしのサービスを提供し、環境適応型のエネルギー企業を目指す。

求める
人材に
ついて

何事にも臆することなく、目標達成に向けた行動を起こせるチャレンジ精神を有する方。
社会と地域に貢献する会社の方針を理解し、常に顧客の目線で業務に取り組み、ニーズに合ったサービスの提案を行っていただきたい。

代表からのメッセージ message

代表取締役社長 津曲 貞利の写真

代表取締役社長 津曲 貞利

当社は1911年に南九州初の都市ガス会社として鹿児島市に創業以来、今日まで100年余りに亘って地域の暮らしと産業に欠かせない都市エネルギーを送り続けてまいりました。そして1996年、天然ガスの導入に踏み切り、2006年にはインドネシア産LNG(液化天然ガス)に加え、大型船によるオーストラリア産LNGの受入れを開始しました。当社のLNG受入基地である鹿児島工場からはパイプラインやタンクローリー車によって、鹿児島市を中心に約15万戸のお客さまをはじめとして、広く南九州のガス事業者さまや工場・商業施設などの大口ユーザーさまに都市ガスおよびLNGをご提供しております。

求人情報 job info

800x400
募集職種・ポジション 営業関連 管理職候補
仕事内容 一般・事業者顧客へ業種や用途に合わせた営業を行っていただきます
想定年収 600万円~700万円
募集背景 事業拡大を背景とした人材確保
求める人物・スキル・経験 チャレンジ精神を持って前向きに取り組める方
雇用形態 正社員
勤務地 鹿児島県鹿児島市
勤務時間(就業時間) 8:40~17:20(休憩時間60分)
時間外労働:有り(月平均15時間程度)
契約期間 期間の定め無し
試用期間 3ヶ月(条件変更無し)
休日・休暇 土、日、祝日休(年間休日120日)、夏季休暇(3日間)、年末年始(4日間)
待遇・福利厚生・加入保険 社会保険完備
住居手当など 通勤手当(上限27,000円)、家族手当、住宅手当、退職金制度(勤続3年以上)
制服、パソコン、携帯電話等 必要備品は支給

企業情報 company info

800x400
企業名 日本ガス株式会社
業種・業界 その他
都道府県 鹿児島県
市区町村 鹿児島市
設立年 1941年
資本金 6億4,525万円
売上 -
従業員数 224名
URL http://www.nihongas.co.jp
主要取引先 -

会社概要

明治から続くガス供給事業を主軸に、地域の産業と人々の暮らしを支えてきた総合エネルギー企業。時代とともに多様化するエネルギーを迅速に取り入れ、液化天然ガス、液化石油ガス、電気の供給から、太陽光、バイオマスなどの再生可能エネルギーに至るまで、用途に合わせたエネルギーサービスを提供。
更に、住宅設備の提案を行う「快適空間創造事業」、暮らしや健康を支える「総合生活提案事業」など幅広いサービスを提供する関係会社を設立し、日本ガスグループとして、地域住民の暮らしに寄り添っている。

会社の強み

ガス・電力を中心としたエネルギー供給事業のみならず、環境適応型の新エネルギーへの取り組みで新たな展開を見せている。また、14社に及ぶグループ企業は、エネルギー会社が母体である強みを活かした、リフォーム事業や家事代行サービス、スポーツクラブ運営、完全人工型植物栽培など、多角的な事業を展開し日本ガスグループとして、地域に愛される企業へと成長を遂げている。

今後の展開

エネルギー業界を取り巻く環境が大きく変貌を遂げつつある中で、時代に即した最適なエネルギーの供給を提案し、豊かな暮らしづくりと地球環境の保全に努める。
創業より受け継いできた、人々の暮らしの安心安全を守る「信頼の炎」、人々の暮らしに安らぎと心地よさをもたらす「幸せの炎」、地球の未来を守り新しい時代のエネルギーを拓く「希望の炎」今後も三つの炎を守り次の世代へ受け継いでいく。