株式会社ダイマツ
  • 人事労務管理 統括管理者
  • 静岡県
  • 550万円~1,000万円

年間200万足以上を製造・販売し、国内トップクラスの実績を誇るサンダルメーカー。経営管理全般の統括者として多角化していく事業を効率的に管理し、利益重視の「骨太」の会社に成長できるよう導いていただきます。

この企業の魅力・特徴 features

強み

約70年にわたりサンダル・シューズを造り続けているフットウェア業界の老舗メーカー。こだわり続けている快適な履きごこちへの追求や、優れたデザイン・機能性など市場のニーズに応える多彩な製品が高く評価されている。全国ほとんどの量販店にてサンダルが取扱われており、サンダルメーカーとして業界トップクラスのポジションを築いている。

成長
戦略

ブランドを強くすること、新しい市場を開拓することなど、新しいことに挑戦を続け、利益重視の骨太の会社へ成長を目指す。また、更なる事業拡大・多角化を見据え、社員一人ひとりが最大限の力を発揮できるよう、働きやすい職場環境・体制作りを早急に進める。

求める
人材に
ついて

粘り強く信念を貫き通す精神力を持ち、ポジティブな姿勢で新しいことに挑戦し続けることができる方。また、「自分で見つけた素材を使った新商品を世界各国で販売してみたい」や、「自分の考えた斬新なデザインがどこまで通じるか試してみたい」など、個人の夢を会社のビジョンと重ねられる方。

代表からのメッセージ message

代表取締役社長 種本 裕一の写真

代表取締役社長 種本 裕一

当社は半世紀以上もサンダル・シューズを作り続けている業界の老舗です。全国のほとんどの量販店に当社製のサンダルが置かれており、国内業界ではトップクラスの生産量を誇っています。ここ数年、低価格・低品質の輸入サンダル・シューズが市場にあふれていますが、どんな時でも当社は付加価値の高い、お客様に信頼される商品を作りつづけ、確たる地歩を築いております。
当社が今目指しているのは、ダイマツブランドの一層の強化です。重ねてきた年月の成果を踏まえつつ、斬新な発想を積極的に取り入れて、新しいダイマツを一緒に作り上げていきましょう。

求人情報 job info

800x400
募集職種・ポジション 人事労務管理 統括管理者
仕事内容 経理・総務・人事など経営管理全般の統括
想定年収 550万円~1,000万円
募集背景 事業拡大に向けた体制強化
求める人物・スキル・経験 ■財務に関する高度な知識をお持ちの方
■何事にもポジティブな姿勢で、指示待ちではなく常により良い解決策・ソリューションを自ら求める方
■海外での駐在経験や語学力があれば尚可
雇用形態 正社員
勤務地 静岡県静岡市
勤務時間(就業時間) 8:30~17:30(休憩時間60分)
時間外労働 有 ※多くても20時間程度(繁閑により異なる)
契約期間 期間の定め無し
試用期間 6ヵ月(条件変更無し)
休日・休暇 土・日・祝日、ほか社内カレンダーに準ずる
待遇・福利厚生・加入保険 社会保険完備
住居手当など 役職手当、時間外手当、資格手当、家族手当、資格取得援助、退職金

企業情報 company info

800x400
企業名 株式会社ダイマツ
業種・業界 メーカー
都道府県 静岡県
市区町村 静岡市
設立年 1950年
資本金 4,500万円
売上 24億円
従業員数 75名
URL http://www.daimatu-inc.co.jp/
主要取引先 銀座ワシントン靴店、チヨダ、ジーフット、イトーヨーカ堂、ビームス、ユナイテッドアローズ他

会社概要

設立から約70年にわたり、老若男女から支持を得る多彩なサンダル・シューズを作り続けるフットウェアの老舗。国内・インドネシア・カンボジアの自社工場と中国の協力工場で製造を行い、製造・販売は年間200万足以上と国内業界ではトップクラスを誇る。
目先の利益にとらわれず品質とデザインに一貫してこだわり続け、自社ブランドはもちろんライセンスブランドにおいても、「履きごこち」へのこだわりを持って企画・デザインから携わり、ブランドコンセプトに沿った商品を市場に送り出している。

会社の強み

商品の企画からデザイン・製造・販売までを行う一貫体制を構築しており、トレンド・マーケティング情報や、商品コンセプトをダイレクトに製品づくりに注ぎ込んでいる。
各ブランドごとに企画営業・デザイナーがチームを組み、品質・デザインにこだわり続けた製品は、ワーキングサンダルからタウンユースまで国内量販店のほとんどで取扱われており、国内有数のサンダルメーカーとして確固たる地位を築いている。

今後の展開

品質へのこだわり、デザイン面でのトレンドの取り込みに一層磨きをかけ、機能面での様々な要素の研究・開発に取り組むことで、一度履いたら他社の商品は絶対履けないというダイマツファンを多く創りだしていく。
グローバルな成長を遂げるべく、系列会社「株式会社シードコーポレーション」との経営統合を控えており、「日本のダイマツ」から「世界のDAIMATU」を目指す。