株式会社ナベル
  • 営業(課長クラス)
  • 三重県
  • 400万円~600万円

ジャバラ製造の専業メーカーとして、時代のニーズに合わせた事業拡大を続け、多くの特許取得など実績を重ねてきた企業。営業課長として、営業戦略の見直しや取引先および新ビジネス開拓をお任せします。自社新製品の販路拡大を目指し、チームの要としてご活躍ください。

この企業の魅力・特徴 features

強み

産業機械のジャバラ部品や機能的なカバー製造を軸に、更なる展開として、FA機器の提案販売も行い、カメラ用ジャバラの製造で培ってきた技術を最大限に活かすべく、時代のニーズに沿った領域へ事業を拡大。アメリカ・中国・台湾・韓国へ拠点を設置し、世界市場にもエリアを広げ、三重県伊賀市から世界に向け挑戦を続けている。

成長
戦略

新しい分野へとより深く踏み込んでいくために、FA分野などの専門的な知識を持つ人材の確保を優先して進めていく。核となる人物を中心にチームを組み、各地に点在する拠点と密に連携を取りながら、様々なターゲットへと柔軟に対応できる体制を構築、新規取引先獲得に向けた営業エリアの拡大および新ビジネス開拓の活性化を図り利益率の向上を目指す。

求める
人材に
ついて

チームの要となって周囲を牽引していく度量があり、専門的知識に基づいた論理的な思考と、目標に向かってひたすらに前へ進んでいくチャレンジ精神を兼ね備え、志高く職務を全うすることができる方。
国の産業集積地である中部地区から情報を発信し、拠点間を繋ぐ人材として広く活躍していただきたい。

代表からのメッセージ message

代表取締役社長 永井 規夫の写真

代表取締役社長 永井 規夫

1972年、ナベルの原点はカメラの蛇腹から始まっています。1998年には、蛇腹を必要な時に伸び不要な時に縮むものと捉え、さらに2005年には機能的なカバーと位置付けるなど、市場ニーズに対応し戦略領域を拡大し続けてきました。
ナベルが求めているのは、時代の流れを感じ取り、新しく自分たちの提案ができる人です。ポジティブに自分の気持ちを前に押し出し、責任感を持ち、生きがい、幸せを掴む力を求めます。社員一人ひとりが「ナベルに入社してよかった」と思えるよう、生きがいを感じて働けるよう、考えることは社長である私の役目です。
ナベルという船に乗り込み、成長してくれる方からの応募を心よりお待ちしています。

求人情報 job info

800x400
募集職種・ポジション 営業(課長クラス)
仕事内容 新規ビジネス開拓に伴う営業をご担当いただきます。
■新製品の販売に向けた新規取引先・MROビジネスの開拓
■市場調査
■営業戦略の策定・見直し
■営業に付随する業務
■チームマネジメント業務
■既存顧客の深耕
想定年収 400万円~600万円
募集背景 新チーム立ち上げによる増員
求める人物・スキル・経験 ■営業経験のある方
■チームの立ち上げメンバーとして業務を遂行した経験がある方
雇用形態 正社員
勤務地 三重県伊賀市
勤務時間(就業時間) 8:25~17:30(休憩時間65分)
契約期間 期間の定め無し
試用期間 6ヶ月(条件変更無し)
休日・休暇 完全週休二日制(土日休)
年末年始、年次有給休暇、結婚休暇 など
待遇・福利厚生・加入保険 社会保険完備、育児休暇制度
住居手当など 交通費支給、住宅手当 など

企業情報 company info

800x400
企業名 株式会社ナベル
業種・業界 メーカー
都道府県 三重県
市区町村 伊賀市
設立年 1972年
資本金 5,000万円
売上
従業員数 188名
URL https://www.bellows.co.jp/ja/
主要取引先

会社概要

カメラ用ジャバラの専門メーカとして1972年に創業。世界一美しい品質をコンセプトに、工作機械や半導体装置の部品となるジャバラを製造しており、現在は技術力を活かした、機能的なロボット用カバーや防災用ソーラーパネルも手掛ける。台湾の企業と提携を組み、正規販売代理店として協働ロボットアームの販売を開始、専用の可動式カバーの製造も行い、国内のみならず世界を股にかけた提案営業を展開している。

会社の強み

ジャバラ製造で培った技術力と、素材に関する深い知識を活かした数々の製品を製造。多く特許と意匠を取得し、特許庁長官賞の受賞など、機能性・デザイン性の高さから広く評価を獲得。その中でも、折り畳み式ソーラーパネル「Bella-Solar」は、三重県伊賀市と山口県阿武町のふるさと納税返礼品への認定など、有用性の高い防災グッズとして注目されている。

今後の展開

ジャバラの専門メーカーから、ロボット事業の開始による新しい展開を迎えるにあたり、「エンバイロメント(環境)、エンハンスメント(改善)、イクイップメント(装置)」をテーマとした新しいコンセプトである「E Cube」を掲げ、協働ロボットと装置を守る可動式カバーの提案により、産業界の労働環境改善へと貢献すべく邁進していく。