岐建株式会社
  • 建築設備施工管理(専門職)
  • 岐阜県
  • 350万円~750万円

創業から一世紀を超え、地域とともに発展し続ける総合建築会社。建築設備の施工管理を担当し、施工計画の策定及び、原価・工程管理をお任せします。顧客の要望を捉えた提案と、品質・安全管理を徹底し、より良い建物の完成を目指していただきます。

この企業の魅力・特徴 features

強み

中部圏を拠点に、大型施設やオフィスビルの建設、トンネルやダムのインフラ整備など数々の実績を有し、110有余年にわたり堅実な経営を継続。建設、土木事業を基盤に再生エネルギーを利用した環境事業や、建設廃材を有効利用するアスファルト合材事業など、地域や地球環境を視野に入れた事業活動で更なる信頼を得ている。

成長
戦略

長年にわたり蓄積された経験とノウハウを継承するとともに、最先端の工法を取り入れ更なる施工技術の向上を図ることで、あらゆるニーズを具現化できる体制を備える。また、経験豊富なプロフェッショナル人材の確保により、更なる受注増に対応可能な組織づくりを行う。

求める
人材に
ついて

「お客様の利益」を優先する企業の考えに共感し、顧客や関連部門との良好な関係を築き、「より良いものづくり」に携わることに喜びを感じることができる方。何事にも挑戦する強い意欲と行動力を有し、会社と共に成長する向上心を持つ方。

代表からのメッセージ message

代表取締役社長 木村 志朗の写真

代表取締役社長 木村 志朗

私ども建設業を取り巻く環境は、少子高齢化や働き方改革への対応、多くの製造業の海外移転等々、益々厳しさを増してきております。
その中、私どもは間もなく創業120年を迎えることとなり、ここに至るまで皆様方に培っていただいた信用を礎とし、更にこれを高めるべく役職員一丸となり突き進む所存でございます。
どのような時代になろうとも、お客様のあらゆるニーズを的確に掴み、今後も基本方針の「お客様の利益」を第一に考えること、更には堅実経営に徹することを大前提として企業活動を推進して参ります。

求人情報 job info

800x400
募集職種・ポジション 建築設備施工管理(専門職)
仕事内容 ■施工案件の建築設備工事の施工管理他
■施主(発注者)・設計事務所との打合せ
■CADによる施工図作成と施工図チェック及び施工計画の策定
■工程進捗状況管理 資材、下請け手配、現場出入り管理
■予算、コスト、品質、安全管理 
■社内検査、各種申請に関する業務
想定年収 350万円~750万円
募集背景 さらなる受注増と体制強化に向けた人員確保
求める人物・スキル・経験 ■建築設備士・管工事施工管理技士等の有資格者
雇用形態 正社員
勤務地 大垣市
勤務時間(就業時間) 8:00~17:00(休憩時間60分)
時間外労働有無:有(月平均30時間程度)
契約期間 期間の定め無し
試用期間 3ヶ月(条件変更なし)
休日・休暇 完全週休2日制(年間126日程度)、年末年始12/30~1/4
待遇・福利厚生・加入保険 社会保険完備
住居手当など 単身寮有り、家族手当

企業情報 company info

800x400
企業名 岐建株式会社
業種・業界 建設・不動産
都道府県 岐阜県
市区町村 大垣市
設立年 1946年
資本金 500,000千円
売上 424億(2018年6月期)
従業員数 499名
URL http://www.giken-kk.co.jp
主要取引先 -

会社概要

創業から一世紀以上にわたり積み重ねてきた技術力とノウハウを活かし、「建築事業」「土木事業」「パートナー事業」「アスファルト合材事業」「環境事業」の5つの事業を展開。中でも「建築事業」「土木事業」が中核となり、公共・商業施設、病院・福祉施設、工場・物流施設、道路・公園施設など実績は多岐に及ぶ。
国内に4ヶ所の支店(名古屋・滋賀・大阪・東京)と10ヶ所の営業所を設けるほか、8つのグループ企業の中心となり順調に事業を拡大している。

会社の強み

大規模施設の建設を手掛ける「建築事業」、社会インフラの整備を行う「土木事業」を中心に事業を拡大し、自己資本比率の高さと安定した経営を誇る企業へと成長。また、建築・土木事業のみならず「アスファルト合材事業」では、建設廃材を有効利用した高品質合材の提供を行うほか、「環境事業」では太陽光を利用し、年間約530世帯分の電気を作りだすなどの実績を残し、中部・近畿・北陸エリアを中心に「総合建築会社」として順調に規模を拡大している。

今後の展開

「人と人をつなげる街づくり」をテーマに、地域社会とのつながりに重きを置き、地域住民や地元企業から信頼され、求められる会社づくりを目指す。また、時代とともに変化する顧客のニーズに応えるため、施工技術を伝承するとともに新技術を積極的に取り入れ、更なる技術の向上を図る。
快適空間を提供する総合建設事業を確立の目指し、ものづくりを通して地域社会に貢献していく。