juwi自然電力株式会社
  • プロジェクトマネジメント部プロジェクトマネージャー
  • 福岡県
  • 600万円~

世界各国で自然エネルギー発電所のEPC・O&M実績を持つ企業と、地域に寄り添った自然エネルギー発電所を開発してきた企業のジョイントベンチャーとして設立され、「グローバル×ローカル」に自然エネルギー発電所のEPCを行う。プロジェクトマネージャーとして、増加が続くプロジェクトを牽引していただきます。

この企業の魅力・特徴 features

強み

juwi株式会社が世界各地で築いてきた180ヶ所以上の風力発電所、1,700ヶ所以上の太陽光発電所で培った建設から運営に関する経験・知識・技術と、自然電力株式会社が持つ日本市場においてのプロジェクト開発経験を合わせた「グローバル×ローカル」の開発力で、日本の各地域において世界水準で高品質な自然エネルギー事業を展開している。

成長
戦略

現在、自然エネルギー事業については多くの企業が参入しているが、その中でも、世界レベルの技術力とベンチャー企業ならではのスピード感で事業拡大を続けている。自然エネルギー事業のリーディングカンパニーとして自然エネルギー事業を日本の新たな産業として確立させ、世界においても優位性を持つ産業へと育てていく。

求める
人材に
ついて

再生可能エネルギーへの強い関心を持っていることはもちろん、コアバリューである「信頼・誠実・挑戦」を実践できる方にマネージャーをお任せします。
国籍の異なる多様なバックグラウンドを持つメンバーとチームとして協働できる柔軟な姿勢を持ち、強いリーダーシップで高い目標へ向かってチームを牽引していただきたい。

求人情報 job info

800x400
募集職種・ポジション プロジェクトマネジメント部プロジェクトマネージャー
仕事内容 発電所建設に伴うマネジメント及び円滑なプロジェクト実行
■プロジェクト完遂に必要な社内リソース、社外の関係者との調整
■プロジェクトの進捗管理、予算管理、スコープ管理
■プロジェクトスコープ、目標設定、プロジェクト関係者との調整、
 技術面の実現可能性の確保
■プロジェクト計画作成
■プロジェクトのスコープ、スケジュール、コスト管理の適切な検証、評価
■パフォーマンス測定
■レポーティング、エスカレーションの実施
■顧客、プロジェクト関係者との関係管理
■プロジェクトにおけるリスクマネジメント
■第三者・ベンダーとの関係構築・維持
■プロジェクト必要書類全般の作成、管理
想定年収 600万円~
募集背景 九州地方の案件増加に伴う体制強化のため
求める人物・スキル・経験 【必須】
■最低5年以上のプロジェクトマネジメントの経験
■当該分野における高い専門性
■指導者経験
■クライアント及び社内関係者と良好な関係を築くことができる
 優れたコミュニケーションスキル
■文書、口頭での優れたコミュニケーション能力
■細部への配慮、マルチタスク能力を含む優れた業務管理能力
■Microsoft Officeの習熟
■ビジネスレベルの英語力
■太陽光発電事業の従事経験
【歓迎】
■PMP / PRINCE II資格
雇用形態 正社員
勤務地 福岡県福岡市
勤務時間(就業時間) 9:00~18:00(休憩60分)
時間外労働有り(月平均20時間)
※土日祝 休日となるが、部署によってはシフト制で土曜日勤務あり。
※土曜日はグループ3社を対象とした現行就業規則「その他会社の指定する日」に該当し、基本お休み。
契約期間 期間の定め無し
試用期間 6ヶ月(期間中の条件変更無し)
休日・休暇 土日祝(振替対応あり)、年末年始休暇、年次有給休暇、特別休暇、自然電力休暇(自己啓発、ビジネススキル、体調管理、家族との時間のための有給休暇)、産前産後休暇、育児休業(男性社員取得実績有り) 
待遇・福利厚生・加入保険 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険完備
住居手当など -

企業情報 company info

800x400
企業名 juwi自然電力株式会社
業種・業界 その他
都道府県 東京都
市区町村 文京区
設立年 2013年
資本金 102,000,000円
売上 -
従業員数 約68名
URL https://www.shizenenergy.net/corporate/group/juwi-shizen-energy.html
主要取引先 -

会社概要

自然電力株式会社と、世界有数の風力・太陽光開発・EPC企業であるドイツのjuwi AG社が、2013年1月に設立した国際ジョイント・ベンチャー。発電所の設置から運営までをトータルに行う「自然電力グループ」の一員として、発電所のEPCを担当する。これまで国内において累計62ヶ所(2019年3月末時点)・約180メガワットの太陽光発電所のEPCプロジェクトを完工。

会社の強み

発電所建設のための開発段階では、発電所を維持するための仕組みや地域コミュニティ、地域産業のことまで考え、建設時には「地域の企業と協業した雇用の創出」、稼働開始後は「協力企業や地域の方がたと共に行う運営・保守」、「発電所の売電益の一部を将来に渡り地域や社会へ還元」など、地域の利益につながることを目的に、様々なプロジェクトで実績を重ねている。現在では日本全国各地はもちろん、ブラジルやインドネシアをはじめとした国外でも複数のプロジェクトを進めている。

今後の展開

自然電力グループの一員として、自然エネルギー発電所設置に必要なサービスを一貫して提供するだけにとどまらず、エネルギーの先にある「人々の暮らし」や「地域の産業」まで、そしてエネルギーの「つくり方」だけではなく「使い方」までを考えることで日本における自然エネルギー事業の確立を目指す。「エネルギーから世界をかえる」をビジョンに掲げ、自分たちの未来のためのエネルギーを世界中に広めるために事業を推進していく。