長崎自動車株式会社(長崎バスグループ)

  • コーポレート事業・部長
  • 長崎県
  • 600万円~800万円

経営人材として、経営企画や分析、新規事業の開発、コーポレート・ガバナンスの強化など、公共交通事業で培った信頼とブランド力をベースにした多角的な事業展開の中で、コーポレート機能の強化を担っていただきます。

この企業の魅力・特徴 features

強み

IR誘致の可能性など、大きなポテンシャルを持った長崎という環境にて、商業や観光、ICTなど多角的な事業を展開しており、相互の連携を図ることで更なる事業拡大を望めるチャンスに溢れている。

成長
戦略

公共交通事業にて培った信頼、ブランド力、認知度をベースに、新規事業の開発を進め、更なる事業展開の加速化と拡大をするとともに、ビジネスの多様化に対応するべくコーポレート機能の強化を図る。

求める
人材に
ついて

経営人材として、事業の企画・立案・開発、担当部門のディレクションなど、事業拡大を図り、また、事業展開を加速させ、経営目標達成のために力を発揮できる方。

代表からのメッセージ message

代表取締役 社長 嶋崎 真英の写真

代表取締役 社長 嶋崎 真英

現在、私たち長崎バスグループは、公共交通事業を基盤事業として、生活インフラ事業、観光サービス事業、ICT事業など多角的な事業展開を積極的に進めています。
長崎は、豊かな自然と観光資源、歴史的な伝統文化とともに、今後の九州新幹線長崎ルートの開通や長崎空港民営化の動きなど、大きな成長ポテンシャルを持っています。
これから、私たちとともに、この長崎における成長ポテンシャルを最大化し、その発展を図り、長崎バスグループ全体としての企業競争力の強化と企業価値の向上を推し進めていく気概ある人材をお待ちしています。

求人情報 job info

800x400
募集職種・ポジション コーポレート事業・部長
仕事内容 経営企画(Corporate Planning & Business Development/コーポレートガバナンス、経営PDCA、新規事業企画・開発)、経営分析、管理会計、M&A、企業再編、事業再生、企業法務、IPR戦略、資金調達、企業財務、人事制度企画、人材採用・育成、グループ人事
想定年収 600万円~800万円
募集背景 事業の多角化の加速とコーポレート・ガバナンス強化を図る為
求める人物・スキル・経験 気丈夫で明るく、主体的また前向きにミッションに取り組まれる方・長崎バスグループの使命と経営理念に共鳴される方・業務・問題解決までの道筋を組み立てることができる能力
雇用形態 正社員
勤務地 長崎県長崎市
勤務時間(就業時間) 9:00~18:00 (実働8.0時間、休憩60分)
時間外労働有 月平均10時間
契約期間 期間の定めなし
試用期間 3ヶ月(条件変更無し)
休日・休暇 年間休日 121日(土日祝日休み、夏季1日 年末年始4日)
待遇・福利厚生・加入保険 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金
住居手当など 住宅手当:無 寮・社宅:無 賞与:年2回(昨年実績5ヵ月)退職金:有(勤続3年以上)研修制度、家族手当

企業情報 company info

800x400
企業名 長崎自動車株式会社(長崎バスグループ)
業種・業界 流通・小売・サービス
都道府県 長崎県
市区町村 長崎市
設立年 1936年
資本金 7億8,000万円
売上 96億円(連結:173億円)
従業員数 985名(グループ全体2,045名) ※平均年齢46.1歳( H29年4月現在)
URL https://www.nagasaki-bus.co.jp/bus/
主要取引先 南国殖産株式会社 株式会社十八銀行 等

会社概要

一般旅客自動車運送事業を営み、バス事業においては、長崎市内一円及び西彼、長崎半島の全域、島原半島の全域においてバス路線を有し、貸切バス事業においては、長崎県内はもとより全九州及び山口県以遠にも多数のお客様をご案内し、観光発展の担い手として “ながさき” にしっかりと根をおろしている。更に、当グループはホテル・旅館業、鉄道事業、船舶事業、タクシー事業、旅行業、広告業、保険代理店など、多角的な事業展開をしており、地域経済に密着した常に前進する企業として社会的地位を確立、拡大している。

会社の強み

数多くの観光資産を持ち、全国第2位のクルーザー船入港数、東南アジアの中でのロケーションの良さ、また今後の九州新幹線長崎ルートの開通やIR誘致の可能性など、大きなポテンシャルを持った長崎という環境のもと、長年の公共交通事業で培ってきた信頼とブランド力をベースに事業展開を図っていくことができ、公共交通事業、生活インフラ事業、観光サービス事業など多数の事業を展開しているからこそ、相互の連携を図り、より付加価値の高いサービスの創出・展開を進めることができる。

今後の展開

地域住民の生活を守り、より豊かにするために、安全で快適な交通手段、便利で安心して生活できる生活インフラを提供していく。また、長崎がより活力に満ち、未来に向かって経済的かつ精神的にもより豊かになるために、アジア有数の国際的観光都市Nagasakiの実現に向け、多角的に事業を展開しているからこそ、多くの事業と相互に連携をとり、長崎自動車だからこその付加価値の高いサービスの提供を図る。

長崎県での暮らし Nagasaki's life

病院や医師の数は全国10位以内。ファミリーと安心して暮らせる街

2018年のインターネットポータルサイト調べで「移住したい都道府県」7位にランクインされた長崎県。全国でも犯罪発生率と地震発生率が低い一方、病院や医師の数は10位以内と多く、安心して暮らせる街として移住に力を入れています。五島列島や「世界三大夜景」などの観光名所も多く、日本唯一の貿易港として栄えた異国情緒あるれる街並みも残ります。…