株式会社豊田技研
  • 技術課長または技術課長候補
  • 群馬県
  • 500万円~800万円

「金属深絞り加工」の特殊技術により取引先からの高い評価を受ける自動車用電装部品製造業を営む地域未来牽引企業。技術課責任者として、生産計画を基に安全・品質の維持向上の的確な推進や、技術者の育成を担い、当社の未来、更なる展伸を支えて頂きます。

この企業の魅力・特徴 features

強み

一貫生産体制にて高品質・短納期・低価格を実現している自動車用電装部品製造業者。これまで培ってきた高度なプレスの絞り技術においては、お客様より多大なる信頼を頂いており、更に、当社の持つ鍛造押出し成形など様々な特殊技術は、高い訴求力を備えている。また、社員定着率97%を誇る働きやすい企業風土を持ち、資材のリターナブルなどの環境保全にも取り組む地域未来牽引企業である。

成長
戦略

国内3ヶ所、海外3ヶ所の各拠点にて生産営業体制を磐石化したい。プレス技術に関してのプロフェッショナル人材を採用。生産計画の進捗管理、安全や品質の改善・維持・向上などについての実務に加え、技術者育成に向けた教育・指導をも推進し、マンパワーを補強することで生産性向上、品質維持を更に強固なものとし、ひいては企業全体の更なる業容拡大に寄与したい。

求める
人材に
ついて

生産計画の管理、品質維持について、卓越した指導力をもって、技術者教育・指導にあたることができる方。高い集中力とマネジメント能力、コミュニケーションスキルをも備えアグレッシブに部門を牽引できる力量を持つ方。

求人情報 job info

800x400
募集職種・ポジション 技術課長または技術課長候補
仕事内容 プレス技術責任者をお任せします。
■生産計画に対する進捗管理
■安全、品質の維持向上のため部下社員の教育・指導
■プレス工程設定の確認、設計・組立最終工程のチェック
■生産性、品質向上改善活動(生産する上での不具合の改善)の業務 他
想定年収 500万円~800万円
募集背景 部門を統括する管理者、指導者、幹部人材の確保。
求める人物・スキル・経験 ■プレス機械の実務経験と併せ、マネジメントの経験も豊富に持つ方
■コミュニケ-ション能力が高く、部下社員の指導・教育に
 情熱をもって取り組める方
■常時、注意力をもって業務を遂行できる方
雇用形態 正社員
勤務地 群馬県藤岡市
勤務時間(就業時間) 8:25~17:05(休憩60分)
時間外労働:有(月平均20時間)
契約期間 期間の定め無し
試用期間 3ヶ月(試用期間中の条件変更無し)
休日・休暇 年間休日:111日間(土日休み ※年4回土曜日出勤あり)、年末年始・GW・夏期・お盆休暇、慶弔休暇、特別休暇
ほか会社カレンダーに準じる
待遇・福利厚生・加入保険 社会保険完備
住居手当など 【手当】
住宅5,000円/月(賃貸居住者)※従業員名義の住宅ロ-ン有り
配偶者扶養7,000円/月
子供5,000円/月(18歳高校生まで) 
資格(規定有り)
自家用車通勤(駐車場有り)

企業情報 company info

800x400
企業名 株式会社豊田技研
業種・業界 メーカー
都道府県 群馬県
市区町村 藤岡市
設立年 1959年
資本金 20,000千円
売上 -
従業員数 145人
URL http://www.toyodagiken.co.jp/
主要取引先 スタンレー電気株式会社、株式会社ミツバ、沖電気工業株式会社 他

会社概要

国内3ヶ所(群馬県藤岡市「本社工場」、「倉賀野工場」、「松井田工場」)、海外3ヶ所(ベトナム「工場2ヶ所」、タイ営業所、シカゴ営業所)に拠点を置き、自動車照明用部品 精密プレス金型設計製作 耐熱塗装 表面処理を手掛ける自動車用電装部品製造業者。自動車のヘッドライトのランプシェードを主力に、自動車照明用プレス製品や金型の製作等金型製作、プレス加工から鍍金、塗装まで一貫生産体制を敷くと共に、県内外、海外への出荷業務、ロジスティックをも実現。更に、リターナブルへの取り組み、太陽光発電の稼働など環境への配慮にも取り組み、お客様より絶大な信頼を獲得している。

会社の強み

培ってきた技術力を駆使し、金型製作、プレス加工から鍍金、塗装まで一貫生産体制を敷き、短納期・低価格・高品質を実現することで、経営方針の「三現主義に基づく品質作りと原価意識の向上」を具現化している。また、当社の持つ特殊技術「金属深絞り加工」は、お客様より高評価を頂いており、自動車用照明部品メーカー業界内で高いシェアを獲得している。社員の働きやすい環境とやりがいのある企業風土の醸成により、新卒者の離職率0%、社員定着率97%を達成。これまでの実績や取り組みの結果、ISO14001、ISO9001認証を受け、更に「地域未来牽引企業」にも選定されている。

今後の展開

国内3ヶ所、海外3ヶ所の各拠点にて生産営業体制の磐石化と、更なる業容拡大を目指す為、各セクションの責任者・若手人材・幹部人材の育成が急務である。企業目標の達成に向けて、各分野のプロフェッショナル人材を採用し、生産営業力の強化を推進する。また、ベトナム工場において、お客様のニーズを的確に捉えた柔軟な展開をもって成長・発展を促進しつつ、国内工場においては、研究・開発の発展に向けて経営資源を投資することで新たな技術の構築、確立に取り組む。