「次のフィールドは地方に広がる」。
地方に移住する貴方ご自身とご家族の決断をサポートする、都道府県別の暮らしの情報コンテンツをお届けします。

宮城県での暮らし 自然の幸に恵まれた“食材王国みやぎ”。
賃料は東京の半分以下、東北最大100万人都市

35の市町村から構成されている宮城県は、商業中心の「仙台エリア」、港町・気仙沼や石巻がある「三陸エリア」、温泉郷がある「県北エリア」、蔵王連峰など豊かな自然を楽しめる「県南エリア」に分かれ、多彩な表情を見せてくれます。宮城県は、牡蠣やあんこう、仙台いちごや仙台牛などの特産物が有名で、“食材王国みやぎ”と呼ばれるほど。東北新幹線の全列車が停車する仙台駅から東京駅までは約90分、仙台空港へは仙台中心部から電車で約20分と、県外への交通アクセスは至便。土地購入平均価格は東京の10分の1で賃料は約半分と、物価が比較的安いのも特徴です。日々の暮らしに必要な機能がコンパクトにまとまった100万人都市・仙台市を中心に、宮城での暮らしを考える際に役立つ情報を掲載しています。

宮城の 介護環境 について

宮城の住まい環境 ってどうなの?

子育て支援 について

宮城の 交通・移動手段

知っておきたい 移住支援制度

知って安心 医療環境

宮城での日々の暮らし

女性の 就労支援

教育環境 について

仙台市について

東北地方最大の100万人都市。広瀬川や青葉山など自然豊かで、ケヤキ並木が美しい定禅寺通りなど緑も多く、「杜の都」と呼ばれています。2015年には地下鉄東西線が開業して、市内の移動がさらに便利に。路線周辺には大型商業施設が増え続け、市の発展がますます期待されています。都心部に立ち並ぶファッションビルでは、東京にあるブランドがほとんど購入可能。近隣他県からも買い物客が訪れます。積雪は少なく、冬でも比較的温暖なのも特徴です。

自治体サイトへ