「次のフィールドは地方に広がる」。
地方に移住する貴方ご自身とご家族の決断をサポートする、都道府県別の暮らしの情報コンテンツ。

三重県での暮らし 「美(うま)し国」と称される自然・風土が魅力
名古屋・大阪まで好アクセス

「伊勢志摩サミット」の開催が記憶に新しい三重県は、「日本書紀」に「美(うま)し国」と記載されるほどの豊かな風土が誇りです。穏やかな伊勢湾とリアス式海岸が続く志摩半島、「近畿の屋根」と称される紀伊山地など、美しい自然が四季を彩ります。人口が10万人を超える中規模都市が多く、便利で暮らしやすい都市機能が充実しているのが特徴。JR東海・西日本、近鉄の3路線が開通しているため名古屋・京都・大阪へのアクセスも良好です。2018年度中には新名神の開通も予定され、名古屋・大阪方面への車移動がますます便利に。2017年度の県外からの移住者数は322人で、前年度比57%という増加率。2大都市である津市と四日市市を中心に、移住に役立つさまざまな情報を掲載しています。

いくらかかる?生活コスト

津市の月額平均 東京23区と比較
食料費 81,293 -11,816円
光熱・
水道費
20,370 -1,129円
教育費 7,782 -14,370円
参照元はページ下部(※1)

三重の 介護環境 について

三重の住まい環境 ってどうなの?

子育て支援 について

三重の 交通・移動手段

知っておきたい 移住支援制度

知って安心 医療環境

三重での日々の暮らし

女性の 就労支援

教育環境 について

働く人の タイムスケジュール

三重県 東京都
39 通勤片道 53
548 労働 562
188 趣味・娯楽 161
平均時間/日、参照元はページ下部(※2)

津市について

海沿いに市街地がある人口約28万人の臨海都市。一年を通じて穏やかな気候で、暮らしやすい環境です。海水浴や潮干狩り、魚釣りなどのレジャーや温泉などが楽しめるほか、日本三大観音の一つである津観音や、国宝・真宗高田派専修寺などの歴史的スポットも有名です。

自治体サイトへ

四日市市について

県北部の中心都市で、人口は津市を上回る三重県最大の約31万人。近鉄百貨店のオープンなど市街地では都市化が進む一方、古くから伝わる祭りや伝統行事も大切に受け継がれています。近年は“工場夜景の聖地”としても知られ、美しい鑑賞スポットも点在。生産数日本一の「土鍋」など地場産業も多く、ものづくり都市としても注目を集めています。

自治体サイトへ