「次のフィールドは地方に広がる」。
地方に移住する貴方ご自身とご家族の決断をサポートする、都道府県別の暮らしの情報コンテンツをお届けします。

愛媛県での暮らし 通勤の短さ全国1位!物価の安さ全国9位
山・海・街の魅力を楽しめる豊かな暮らし

穏やかな瀬戸内海と黒潮流れ入る宇和海に面した愛媛県。内陸では西日本最高峰の石鎚山をはじめとした四国山地が東西に連なります。中心部は、道後温泉や四国最大規模のショッピングモールなどにぎわいにあふれ、南西部は海、川、森でのキャンプや釣りで人気。都市と自然がバランスよく共生しているのが愛媛県の特徴といえます。民営住宅の安さは全国4位、物価の安さも全国9位、「移住希望地ランキング」では11位(2017年ふるさと回帰支援センター調べ)にランクイン。古くから四国遍路をもてなしてきた「お接待文化」から、県外からの人や文化を受け入れる風土が根付いています。県内の2大都市、松山市と今治市の移住情報を掲載しています。

愛媛の 介護環境 について

愛媛の住まい環境 ってどうなの?

子育て支援 について

愛媛の 交通・移動手段

知っておきたい 移住支援制度

知って安心 医療環境

愛媛での日々の暮らし

女性の 就労支援

教育環境 について

松山市について

約51万人が暮らす四国最大の都市。2023年には、商店街「松山銀天街」に初の高層商業ビルの建設計画があり、さらなるにぎわいが予想されます。「勤務時間の短さ」全国2位、「通勤・通学時間の短さ」全国1位、「余暇時間の長さ」全国1位に加え、「主婦が幸せに暮らせる街」全国5位(平成26年学研パブリッシング調べ)という生活環境に恵まれた都市です。

自治体サイトへ

今治市について

人口約15万人、松山市に次ぐ県内第二の都市は晴天の日が多い自然豊かな街です。海運業・造船業が盛んで、日本の外航船の約4割は今治の船主が占めています。元サッカー日本代表監督・岡田武史氏が移住し、FC今治を中心にスポーツによる町おこしが進んでいて、スタジアム建設計画などでも注目を集めています。

自治体サイトへ