株式会社奈良屋
  • 工務担当(取締役)
  • 岩手県
  • 600万円~800万円

社長の右腕ポジションとして、タイル工事専門業者の工務取締役を一任。累計600名もの職人を生み出してきた老舗企業の工務部門マネジメントに取り組むほか、今後の発展を見据えた経営方針の策定や制度運用など、代表と共にビジョンを共有し、事業の更なる拡充を目指していただきます。

この企業の魅力・特徴 features

強み

震災以降、驚異的な回復を見せ、非常に好調な業績を上げてきた。業界の中でも認知度は高く、東北地区や岩手県内の主要な建設会社との強い繋がりを持ち、堅実で安定した経営基盤を構築。長く培われた職人の技術と、技術に裏付けられた短工期・低コストを実現する施工対応により、多くの信頼を獲得している。

成長
戦略

潤沢な知見を持つ人材の採用を推進することで、事業継承を視野に入れた幹部候補人材の確保や、企業体系へと良い影響を与えることのできる人材の確保へと繋げ、企業展開の新たなワンステップを踏み出せる環境の創出を行う。また、土地柄・企業風土への理解があり、長く定着できる人材を確保することで、今後の企業継続の安定を図る。

求める
人材に
ついて

企業の現状を俯瞰してみることができ、人事制度・経営方針の策定や運用に向けて、的確な判断を下していきながら実行へと移すことができる方。豊富なマネジメント経験からもたらされる統率力や、優れた思考力・コミュニケーション力を発揮し、社長の右腕として今後の経営展開を支えていただきたい。

代表からのメッセージ message

代表取締役社長 小野寺 正洋の写真

代表取締役社長 小野寺 正洋

若年タイル張り技能士の育成を社会的使命に掲げ、いつしか地元では「奈良屋学校」と呼ばれるようになるほど、延べ500名を超えるタイル張り職人を住み込みで育て上げてきました。そして自前で育て上げた職人の手によって、岩手、宮城の両県を中心に東北各地や時には遠く四国や関西、信州を始め関東地方にも出張し、大型建築工事を勿論のこと、大小さまざまな建築物や公園・舗道等のタイル工事に携わってきました。
長年に渡って多くの建設会社から施工に関していろいろなご相談を戴き、あるいはご指導を戴いてきました。現場で考え、現場で学んだ貴重なノウハウを駆使して少しでも皆様のお役に立ちたいと念じております。

求人情報 job info

800x400
募集職種・ポジション 工務担当(取締役)
仕事内容 工務担当の取締役としてご活躍いただきます。
統率力・コミュニケーション力を発揮し、工務部のマネジメント業務を主にご担当ください。
また、これまでの知見を活かし、社長の右腕として今後の経営方針策定などの企業展開をサポートしていただきます。
想定年収 600万円~800万円
募集背景 事業承継に向けた幹部社員の確保
求める人物・スキル・経験 ■建築関連業でのマネジメント経験がある方
■Excel、WordなどPCスキルをお持ちの方
■普通自動車免許(AT限定可)
【尚可】
■建築士または施工管理技士1~2級の資格をお持ちの方
雇用形態 正社員
勤務地 岩手県一関市
勤務時間(就業時間) 8:00~17:00(休憩時間90分)
時間外労働:有り(月平均5~7時間程度)
契約期間 期間の定め無し
試用期間 2ヶ月(条件変更無し)
休日・休暇 年間休日100日(日祝、第2・4土曜休み)
年末年始、夏季休暇、GW、有給休暇
待遇・福利厚生・加入保険 社会保険完備、退職金制度(勤続5年以上)、再雇用制度、財形貯蓄制度
住居手当など 通勤手当

企業情報 company info

800x400
企業名 株式会社奈良屋
業種・業界 建設・不動産
都道府県 岩手県
市区町村 一関市
設立年 1961年
資本金 3,000万円
売上
従業員数 48名
URL http://www.naraya.co.jp/
主要取引先

会社概要

創業70年以上にわたり、タイル工事専門の展開を行う老舗企業。業界での認知度も高く、県内の主要な建設会社との長年にわたる取引を継続。官公庁から公共施設、商業施設と、大型建築のタイル工事を年間1000件以上手掛け、近年では、大型建築の他にも岩手県や宮城県内の一般住宅向け施工も受注し、地域での優れた施工実績を持つ。

会社の強み

熟練職人が年々減っている業界の現状を重視し、在籍している40名以上のすべての職人に「一級タイル張り技能士」の国家資格取得を義務付け、職人の育成に力を入れて取り組んでいる。徹底的にベテラン職人から若手技術者への指導を行い技術を継承。受注したすべての施工を、自社で育成した腕ききの職人により対応し、迅速かつ優れた仕上がりの施工を行い信頼の獲得へ繋げている。

今後の展開

創業以来タイル業を専門に展開し安定した経営を行ってきたが、今後は単にタイル業だけではない、住環境事業への展開も積極的に行っていき、今後の企業継続はもちろん、更なる成長・発展へと繋げられるような経営体制を構築していく。その先鞭をつける人材が必要であり、確保と共に社員教育環境も充実させていくことで、より良い会社の創出を目指したビジョンの明確化を図る。