石川で働く

伝統文化を重んじ生まれた産業が多数。
だからこそ、作り手も、見る人も石川に集まる。

伝統を見守り続けることではなく創意工夫し育てることを大切にしている石川では、堅牢な塗りと加飾の優美さを併せ持つ「輪島塗」や多彩で濃い色調とボカシの技法を駆使した「加賀友禅」など36業種もの伝統工芸が受け継がれています。行政の理解と協力も大きく、文化を通してさらなる高みを目指すための条例を施行するなど、移り住み何か新しいことに挑戦したい人にとって最高の環境と実績があります。

ニッチな分野でも光る技術。
日本の産業を支え、牽引する石川企業。

製造業の盛んな石川県は、国内屈指のモノづくり王国として知られています。県の基幹産業である機械・繊維・食品に加え、IT関連産業も盛んで、このほかにもアパレル産業、出版、印刷工業、食品産業など多彩な産業構造を有しています。また、一つの産業からさまざまな分野へと技術を波及し新たな産業を生み出してきた背景からイノベーションを得意とし、独自の技術を確立して36社46品目が全国シェア1位を誇るニッチトップ企業として存在しています。

  • 全国4位

    グローバルニッチ
    トップ企業の
    認定数

    出所)経済産業省HP
    H26.3 経済産業省認定
    グローバル
    ニッチ
    トップ企業100選

  • 全国6位

    伝統工芸品の
    指定数
    36業種

    出典)2014-2020
    地域の入れ物

  • 全国5位

    生産年齢人口10万人あたりの製造業事業所数483.73軒

    経済産業省工業統計調査 2016

  • 全国1位

    鉱工業生産指数
    130.5%

    出典)「平成31年版
    石川100の指標」(石川県)

金沢を世界で一番住みたい街へ!
~移住・起業した夫婦の挑戦~

新幹線開通で観光客が倍増した石川県金沢市。観光地として有名な兼六園・黒部ダムを有する北陸の、一角を担う主要都市です。そんな金沢市で、移住と同時に起業した林俊伍・佳奈夫妻。一日一組限定で一軒家を中心とした宿の経営をはじめ、日々奮闘中のご夫婦の起業の決断と今後の展望をうかがいました。

石川で暮らす

「幸福度ランキング」全国4位!
歴史と文化に彩られた素朴で温かい暮らし。

加賀百万石の歴史が息づく石川県は、伝統芸能や伝統工芸、街並みなど暮らしの中で自然と文化の美しさ、古き良き日本の素朴な温かみを感じることができます。2015年の北陸新幹線開通により大都市圏へのアクセスが便利になり、東京~金沢間の移動は最短約2時間30分となり、「生活」「雇用」「安全」「医療」など40の指標から幸せ度をランキング化した「幸福度ランキング」でも、全国4位(2018年)を誇る暮らしやすさです。

石川の求人情報

石川を彩る
伝統文化

  • 36業種にのぼる

    伝統的工芸品

    金沢箔、九谷焼、輪島塗、加賀友禅など。石川に受け継がれる伝統的工芸品は、国指定10種類、県指定6種類、希少伝統的工芸品20種類の計36種類あり、美術品だけでなく日用品として暮らしの一部となっています。

  • 祭りや祝いごとに食べられる

    「押しずし」

    石川県では祭りや祝いごとのハレの日に「押しずし」が食べられます。地域によって押しずしや笹ずし、炙りやへしこと言われる調理法など、味も風味もバラエティに富んだものになっています。

  • 日本三大朝市の一つ

    「輪島の朝市」

    日本三大朝市の一つ「輪島の朝市」は360メートルの通りに200以上の出店が並びます。新鮮な魚介類を食べ歩きするもよし、朝市の食材を活かすお食事所で堪能するもよしといった石川の海の幸が詰まった人気スポットです。

  • 日本三名園の一つ

    「兼六園」

    兼六園は土地の広さを活かし、池や築山(つきやま)、御亭(おちん)や茶屋に立ち寄りながら全体を遊覧できる庭園で、春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪吊りのライトアップと四季折々の表情がとても魅力的です。